ホワイトリリーを動画でフル視聴!違法NG

ヤバイ!?気になるみんなの「ホワイトリリー」の感想!

無料動画ダウンロード|感想

ネタバレを含んでることがあるので、嫌いな人はみないでくださいね!(´;ω;`)

白シャツはエロい

ロマンポルノ はじめて見ました

妙な偏見を持っていましたが、思っていたより内容があって、いろいろ考えさせられました。

みなさんのレビューも的確で、奥が深い世界なのだなと思いました。

ほんとに残念。

日活ロマンポルノリブートの1作。
中田秀夫監督の本作、正直いって期待したほどではなかった。

結局、5本中3本しか観ることができなかったが、あの当時のにっかつ映画とは比べものにならないほど出来がよくなかった。

本作では、主人公のはるか(飛鳥凛)の気持ちも陶芸の先生登紀子(山口香緒里)の心情も、闖入してくる悟(町井祥真)が何を考えているのかも、さっぱりわからなかった。そもそも、ロマンポルノに出てくる登場人物のことを理解することなんてできはしないのだが、脚本の技術としては、観ている人になるほどと思わせようとしなければならないのではないか。

やっぱり大量生産されるなかに、きらりと光る作品が産まれるのか。
かつてのにっかつロマンポルノには、森田芳光が監督したものや、松田優作が(特別)出演したものもある。

ただ、これで終わってほしくない。いろいろな監督が自分なりの企画をもっているはずだ。ぜひ、そういった作品を観てみたい。

雨が上がる

陶芸家の師弟が欠落した幸せを互いに補う話
ロマンポルノリブート作品集で一番最後に鑑賞
「ジムノペディに乱れる」もつまらなかったが本作もかなり面白くなかった。評価できるのは、全裸の女性同士の絡みシーンが長めに有る事位だと思う。

美しい裸体が絡み合うのをかなり攻めた撮影で切り取っていたのだが、それ以外の点であまりにも退屈。物語自体に興味のわく設定が盛り込まれていないため、見ていてどうでもよくなる。

冒頭のロクロを回して陶器を作る画を見た瞬間に「ゴースト」的なカットをやりたいのだなと察知してしまう。案の定、似たようなカットが映るので大分テンションが下がった。作家性が問われるであろうこの企画でそんな見え透いたオマージュに何の意味があるのか、ただやりたかっただけかも知れない。

物語は主人公の思いと師匠の思いがすれ違い、男の登場で完全に関係が崩れてしまう。結果、互いの傷のなめ合い的関係から、対等な関係へ、そして巣立ち、のような展開。感情移入の隙もないまま、勝手に自立していい話風にまとめられているので、はっきり言って何も感じないまま映画が終わってしまった。

リブートの企画は面白いと思うが、もっと監督の枠を増やして互いに刺激し合うような流れにしてもらいたい。ただルールの乗っ取ってつまらない映画を撮るだけでは、せっかく復活した企画がもったいないと思った。

劇中セリフより

「雨が上がりましたね」

心に降っていた雨を晴らすにはどうすればいいのか。

自分なりの決着の着け方で心を開放するには、挑戦、復讐、反省、様々あるが、前に進むには逃げずに立ち向かうしかないのかも知れない。でなければ、心の雨は上がらないだろう。

百合族とは薔薇族にから派生

去年暮れから始まった一連の日活ロマンポルノリブートの最後を飾るのは、『リング』の中田監督。ロマンポルノを制作していた頃の日活で助監督として在籍していて、ある意味運命に導かれるようにロマンポルノを作ることとなった。
その作品が、いわゆるLGBTの世界。
ただ、何というか、昼メロにあるような世界観が漂い、プロットやストーリーはあまり新しさを感じられない。勿論、ロマンポルノに対する愛情は他の監督よりもあるだろうから、絡みのシーンは、どの作品よりも濃厚だ。舌使いや、粘膜の音、ステレオタイプのような筋肉隆々のマッチョとの荒々しい体位(※駅弁)等々、きちんと奇を衒わず、ロマンポルノとしての矜持を持って、濡れ場シーンを演出していた。観客をきちんと官能の世界に誘う、これがロマンポルノのセオリーだと思う。あまりにも作品制が強く、芸術性や社会性が濃すぎると、濡れ場との乖離が甚だしくなってしまい、必要性が感じられなくなる。そういう意味ではこれ位のお茶の間テレビでの安っぽいメロドラマで良かったのかもしれない。
陶芸の先生のフィアンセが亡くなる前と後との演技の切り替えが秀逸。慈母に満ちた佇まいと、性悪女のそれと、演技の幅を惚れ惚れする位、感じ取れた。

百合

今までで一番官能的だった。
過去4作と比べて女優さんが演技の上でもそれ以外でも妙にギラギラしてないというか、何というか。単純に描写自体も一番いやらしかった。
しかし、百合映画に見せかけて結局イケメンが無双するのかよ!!


引用元:http://eiga.com/

どうでしょ?

こういう感想をみていると、なんだか無性に観返したくなります(笑)

無料のうちに・・・!

今ならTSUTAYAの映像サービスが、無料キャンペーン中です。

「ホワイトリリー」も、DVD宅配レンタルかオンライン動画配信のほうで見つかるかもしれません。

ほかにも話題になったアノ作品なども揃ってます。

なんだかんだ大手TSUTAYAのサービスが1番お得なので、気になる方はチェックしてみてください(*’ω’*)

なにも難しいことはなく親切です。

「ホワイトリリー」の映像サービス

1人の時間がほくほく充実しますよ~!


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

※ちなみに試してみた人の7割以上が「動画見放題&定額レンタル8」プランを選んでいます

TSUTAYAを今すぐ持ち歩けます

私がネットレンタルを利用し始めたのは、近くにあったレンタル店がなくなってしまったことがきっかけでした。

一番近いTSUTAYAまで車で片道30分ぐらいかかるし・・・汗

行っても借りたい商品がすべて貸し出し中であることも多かったので、インターネットで見つけた手軽そうな方法を試してみました。

最初の1か月は無料のお試し期間なので、安心してスタートできました。

返却もシンプル!着替える必要もなし(笑)

そして返却はポストに入れるだけ。

「これまで店まで車で行き来していたのはなんだったんだろう・・・?」と思うくらい簡単。

「ホワイトリリー」の映像サービス

大手TSUTAYAだから品揃えもヤバイ

ビデオオンデマンド(VOD)サービスは、TSUTAYAの他にも2,3試してみました。

・・・が、やはり品ぞろえはTSUTAYA DISCASが圧倒的に豊富

ちょっと気になってたり、話のタネがてら観ておきたいもの…

?18禁?なもの…

「ホワイトリリー」の映像サービス

それから古き良きアノ頃を感じさせるような作品が揃ってるのもビックリでした。

さすが大手!


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

「動画見放題&定額レンタル8」プランが人気◎です。

今すぐその場で視聴できる!

DVD宅配レンタルのほか、オンライン配信されている作品もあるので助かります。

動画ならDVDと違って、通勤電車でスマホタブレットで観ることができます。

これが嬉しい!

特に30分の海外ドラマがぴったりで、気分のノッてきます。

ちょっぴり幸せな鑑賞TIME♪

また、友達や恋人と過ごす時間にも悪くありません。

意外と、あのとき話題になってた作品を、まだ観れて無かったりしません?

そんなときはコンビニでお菓子を買って、ソファーに腰掛けながら鑑賞会ですね。

映画鑑賞会

これまたオンライン動画によって、借りる手間をかけずに、思ったときにすぐ実行できますから。

ご自身のライフスタイルに合わせたらいいです。

その無料動画、危なくないですか?

そもそもパンドラやデイリーモーションにUPされている無料のフル動画は危ないです。

パンドラやデイリーモーション動画は危ない

これ知らない人が意外と多いようで驚きます…

決して配信権利を取っているものではないので、作品を侮辱しているように思えますね。

ちょっと説教っぽくなっちゃいますが・・・

特に20歳以上であれば、違法を犯してまでそういうサイトで観るのはやめておきたいところです。

下手したら罰金や逮捕にもなりかねない話ですから…汗

※参考動画【たった今違法ダウンロードでHDD押収されたけど質問ある?】

実際ときどきニュースになりますよね。

もちろんTSUTAYAディスカスのDVD・動画配信は、ちゃんと権利の下りたもの。

だからリスクを犯さずに、スマートな気分で鑑賞することができます。

ぜひお好みのドリンク片手に、まったり過ごしましょ(*´∀`*)


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

では、「ホワイトリリーを動画でフル視聴!違法NG」というテーマでした!

「ホワイトリリー」の感想とオススメ

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

良い1日を~!

SNSでもご購読できます。